中学生の皆さんへ
神戸高校への進学をお考えの中学生の皆さんに、神戸高校野球部での普段の練習の様子や、様々な練習設備などについてお知らせします。
■練習について

平日の練習は放課後18時頃までです。
平日のグラウンドはサッカー部・ラグビー部と共用使用になりますが、三塁側に設置の鳥かご(ネットで囲われた部分)やネット裏のスペースも利用しながら効率のよい練習を行っています。

週末は練習試合を中心とした練習を行っています。
半分は兵庫県下の学校を中心に、半分は神戸高校のグラウンドを全面使用し、練習試合を行っています。

中間試験や期末試験前は、基本的に練習は休みとし、勉学に励んでいます。
文武両道、国立大学合格を目指し、勉強にも力を入れています。
現在国公立大学の硬式野球部で6人、準硬式野球部で3人の卒業生が野球を続けています。

※写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

グラウンド(南側より)
打撃練習スペース鳥かご
レフトは102mあります
照明設備もあり
グラウンド(北側ベースより)
 
■設備について

打撃練習を行う鳥かごは2か所、打撃練習用のマシンは3台あります。
ここはブルペン兼用となっており、3人の投手が並んで投球練習できます。
これ以外に、ゆるい球を打つ鳥かごが1か所、ここにもゆるい球専用の打撃マシンがあります。ブルペンは一塁側にも2か所あります。

グラウンド横にある建物「一誠会館」の中には、井深記念ホールやトレーニングルームなどがあります。 井深氏は神戸一中のOB、ソニーの創設者の一人である井深氏を記念し設立された部屋です。撮影当日は弦楽部が練習していました。
トレーニングルームには写真のように多くのトレーニング機器があり、選手たちは週に1・2回ここで筋肉アップのトレーニングを行っています。(一誠会館の詳細はこちらから>>

※写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

打撃練習用マシン(1)
打撃練習用マシン(2)
打撃練習用マシン(4・ゆるい球用)
トレーニングルーム
一誠会館の詳細はこちらから