野球部の歴史
1896年
明治29年
4月1日 兵庫尋常中学校開校
6月 有志が野球を始める、数ヵ月後に野球会が正式発足鶴崎校長が会長に就任
 
 
1897年 
明治30年
5月1日この日を開校記念日と定める
 
 
1907年
明治40年 
4月1日兵庫県立第一神戸中学校と改称
 
 
1914年
大正 3年
この年から対二中戦が年一回の定期戦となる
 
 
1919年
大正 8年
鳴尾球場における第5回夏の選手権大会に初出場、初優勝
和歌山中・慶応普通・盛岡中を破り、決勝では長野師範と対戦、7対4で勝利
我々は見世物ではないと優勝旗を先頭にしての場内一周を断った
 
 
1921年
大正10年 
第7回夏の選手権大会に出場(鳴尾球場)
 
 
1933年
昭和 8年
第10回選抜大会に初出場(甲子園球場)
 
 
1934年
昭和 9年
第11回選抜大会に連続出場 夏の大会、兵庫県予選決勝で明石中と対戦、延長20回の末、2対1で破り優勝第20回夏の選手権大会に出場
 
 
1937年
昭和12年
中断されていた二中との定期戦が復活
 
 
1943年
昭和18年
戦争のため、二中との定期戦中止(昭和18年から20年の三年間)
野球部解散
 
 
1945年
昭和20年
野球部復活、練習を開始する
 
 
1946年
昭和21年
夏の大会 兵庫県予選準決勝に進出
 
 
1947年
昭和22年
第19回選抜大会に出場、第29回夏の選手権大会に出場春夏連続、
谷村名誉会長(主将)、三輪前副会長、柴田前副会長が出場
 
 
1948年
昭和23年
学制改革、県一女と合併、兵庫県立神戸高等学校に
 
 
1949年
昭和24年
夏の大会 兵庫県予選決勝に進出
 
 
1950年
昭和25年
夏の大会 兵庫県予選準々決勝に進出(対戦校の明石高が優勝)
 
 
1951年
昭和26年
夏の大会 兵庫県予選準決勝に進出(対戦校の芦屋高が優勝)
 
 
1952年
昭和27年
秋季県大会 準決勝進出
 
 
1957年
昭和32年
春季県大会 準決勝進出
 
 
1971年
昭和46年
創立75周年
 
 
1973年
昭和48年
秋季県大会 準々決勝進出
 
 
1976年
昭和51年
創立80周年
 
 
1986年
昭和61年
創立90周年
 
 
1987年
昭和62年
春季東神戸地区大会優勝(鎌仲投手が中日ドラゴンズに2位指名され入団)
 
 
1988年
昭和63年
第70回全国高校野球選手権記念大会 歴代優勝校、校旗行進
 
 
1989年
平成元年
神戸一中・神戸高校野球部90年史発刊
 
 
1996年
平成8年
創立100周年
 
 
1998年
平成10年
第80回記念、夏の全国高校野球選手権大会の開会式に招待され、
藤田主将(高51)が校旗を持って、甲子園球場の入場行進に参加する
(第一回大会から一度も欠かさずに地方大会参加の15校の主将が招待された)
 
 
1999年
平成11年
秋季東神戸地区大会優勝(準決勝で神港学園にサヨナラ勝ち)県大会出場
 
 
2001年
平成13年
秋季東神戸地区大会準優勝(決勝では神港学園に敗退)県大会出場
 
 
2006年
平成18年
創立110周年
 
 
2008年
平成20年
夏の大会90回記念大会
 
 
2014年
平成26年
67回生 二中との定期戦が年1回開催となり100年
68回生 震災20年(48回生は震災で中止となり、定期戦行わず)
69回生 創立120周年 戦後野球部復活70年 戦後定期戦復活から70年
70回生 最後の甲子園出場から70年
71回生 夏の大会100回記念大会
72回生 全国大会優勝から100年

 
 
ユニフォームの変遷
現在の公式戦用ユニフォームは、左袖には鳳オレンジ(Vのようなマーク)胸には伝統のKOBE HSの二段書きのマーク、帽子はKのマークです。 ストッキングの上部は紺色、それ以外はすべて白色と、歴史と伝統のあるユニフォームは神戸一中以来、殆ど変っていません。
KOBE MS ユニフォーム
(〜S16)
一中ユニフォーム(S16〜18)
FKMS ユニフォーム(S20〜21頃)
 
KOBE HS ユニフォーム
KOBE HSユニフォーム
現在の公式戦用ユニフォーム